ヘッドスピードを上げるには「右サイド&振り切る」がポイント

日本女子ゴルフ界で大活躍のイ・ボミ選手ですが彼女のブレないスイングの秘密として「ヒップターン」が注目されています。

現在、国内女子では抜群の安定度があ、今年もり賞金女王の第一候補ですから、彼女のスイングに注目が集まるのも当然の結果ですね。

しかし・・・

このヒップターンのキモは、右足の粘り、右足回転軸が安定していないと真似できないスイングだってこと分かってました?

PGAプロゴルファー上田栄民によれば、ヒップターンの秘訣、イ・ボミ選手の飛距離の秘密は「右足軸」にあるとのこと。
プロゴルファーであれば、飛距離をアップさせるためには「右足軸」が大切なことを誰もが知っています。

しかし、、一般ゴルファーには「右足回転軸」のことがあまり知られていません。昨年に左足軸のスイング理論が流行ったこがその一因かもしれませんね。

上田プロが、この「右足回転軸」に着目するようになったきっかけは、プロ野球選手「落合博満」選手のTVを見たことです。

野球好きなら誰もが知る落合博満選手といえば、力まず打ってライトやレフト方向にホームランする、天才バッターです。

次YouTube動画は上田プロが参考にした落合選手のスイング映像です
【参考:YouTubeの落合選手のスイング】

※当時上田プロが見た映像とは同一ではありません。

この動画を見ると、ホームランを打っているときは右足を軸に回転し、動画カメラを狙って正確に球を打っているときは、左足を軸に回転しているのが分かります。


上田プロによれば、ゴルフも同様で、アプローチなど正確性を要する場面では左足軸で、ドライバーやアイアンなど飛距離が欲しい場合には右足軸でスイングするとのこと。
これは上田プロ独自の理論ではなく、プロゴルファーであれば誰でも100%そうするようです。


上田プロの独り言


先に書いたとおり、最近イ・ボミ選手のヒップターンが注目されていますが、上田プロによればヒップターンスイングは右足回転軸の踏ん張りがあってこそできるとのこと。


上田プロのゴルフ教材「方向性を失わない飛距離アップ」では、このヒップターンについて詳しく解説されています。

某ドラコン王が教える、方向性関係なしの飛距離アップではなく、“方向性を失わない”飛距離アップというのがミソです。

詳しくは下記サイトを参照して下さい。
>>数回の素振りで40ヤードも飛距離アップできたヘッドスピードを上げる方法

才能が無い人でも飛ばし屋になる方法が分かります!


森本光洋の1軸スイング (年齢・体格に関係なく飛距離アップする方法)

最近、見つけた教材ですが逸材でしたのでご紹介します。

ポイントは、年齢、体格、性別に関係なく飛距離アップと、ボールの方向性が同時に良くなることです。
特に、我々中高年ゴルファーにとってボールが飛ばなくなってくること、それに加え、体か固くなり腰や首のケガに悩まされるようになったのは嫌でした。
しかし、この『森本光洋の1軸スイング〜リズムシンクロ打法』を学べば一挙に解決ができます。

体格的に小柄な男性や非力な女性でも250ヤード超えの飛距離が可能!
詳細はコチラの公式サイトからどうぞ↓↓
森本光洋のゴルフ上達「究極リズムシンクロ打法」


トップページへ