90切りゴルフのマネジメント〜コース攻略 ラウンド前日編

ゴルフ練習で明日のためにできる効果的な方法とは?
練習場で思い切り球数を打つ! ・・・ではありません。

正しい練習方法とは
◆ 明日の本番をイメージしながらスイングリズムが一定になるように打つ。

◆ スイングは8分目で行い自分が思う距離まで飛ばなかったら番手を上げる。
このときフルスイングをして届かせようと考えてはいけません。
特にアイアンは明日のコースでも8分目スイングを心掛けてください。
フルスイングするよりも方向が安定しますしダフリ・トップのリスクが軽減します。

◆ 自分の実力を認識すること。スライスもしくはフックになっても今日の内に直そうとしないことです。
明日のコースラウンドは今日の持ち球で組み立てましょう。間違ってもタイガーウッズで組み立てないように。

◆ クラブを打つ順番は本番と同じにする。
通常ならドライバーからミドルかショートアイアン、そしてウェッジでしょう。打ち損じても同じクラブを2回打ってはダメ。
本番と同様に知っているホールを連想しながら打ちます。
普段の練習には傾斜からのショットを加えたりするのですが今日は打ち過ぎて明日に影響が出ないように100球以内が良いでしょう。

練習に行けない場合には
対策としてイメージトレーニングとホール毎のスコアをシュミレーションすることをオススメします。
イメージトレーニング
スポーツの世界でも実戦を想定したイメージトレーニングをすることを推奨していますがゴルフでも同様です。ただし、ドライバーが芯を喰ってフェアウェイのど真ん中へ飛んで行くと言うよな夢(想定外)では意味ありません。

大事なことはルーティンをイメージさせて明日の本番でも飛行線に対してスクェアに立てるようにすことです。
90切り出来ない人の多くが目標(飛行線)に対して平行(スクェア)に立っていません
そのためにボールが曲がったりOBゾーンに飛んだりしますが原因をスイングだと勘違いしてしまい泥沼に入ったりします。

ティショット、セカンドショットそしてアプローチショットもルーティンをすることで正しくスタンスを取ることが出来ます。

※ルーティンの方法は「クラブの特性」で確認してください。

シュミレーション
ホール毎のスコアをシュミレーションしましょう。ご存じのようにゴルフコースはパー72を基本としています。
内訳はショット数が36、パット数が36です。99を目指すならハンディが27付きますからショット数は36+27で63、パット数は36になります。パットはパットのコツを学んで36パットで上がるとしてショット数の63をホール毎に割り振ります。コースのホールハンディを基準にして振り分ければ準備完了です。

今までに何回も来たことがあるコースなら苦手なホールもあるでしょうから振り分けるハンディを調整すればより実戦に役立つはず。
明日はコースに到着したらスコアカードにハンディを書き込んで準備完了です。

ラウンド終了後は、想定したスコアと結果を比べて検討・反省し次回に備えます。
何も考えずに行き当たりばったりではスコアアップは望めません。プランがあって検証が可能になります。
検証があれば対策も生まれる。そうすれば次回のコースラウンドでスコアアップが可能になります!

次のページ

90切りゴルフのマネジメント記事一覧

スタート時間のギリギリに到着して慌ててティアップする人をたまに見かけますが、こういう人に限ってスコアが良くないのはコースが悪いと言ったり、他人にはお構いなしのスロープレイだったりします。コースには少なくとも1時間前には到着しゴルフを楽しむ準備をしましょう。スタート前はクラブハウスでお茶したりタバコを吸っている暇はありません。優先順位で言うならば、1、ストレッチ2、パットの練習3、ドライビングレンジ...

ゴルフにおいてのマネジメントとは、日常における体調管理、道具管理、練習管理などの管理マネジメント。そしてコースラウンドする時にコースレイアウトと状況を総合的に判断するコースマネジメントがあります。コースマネジメントとは、目標とするスコアで上がるために自分の実力を基に季節、気象条件を加味し、コースに合わせた攻め方を考えることを目的とします。コース攻略法とも言いますが、これが上手くないといくらゴルフの...