パットのコツ

ご存じのとおりゴルフコースは、
ショートのパー3×4ホール、ミドルのパー4×10ホール、ロングのパー5×4ホールの合計パー72を基準にレイアウトされています。

 

では、パット数は幾つで設定されているでしょうか?
何と!36パットなんです

 

全てのホールでパーオンすれば36、そして2パットの36で上がれば72のパープレイでラウンドできることになります。

 

ということは各ホール2パットで回れば36パットですので100切りするためにはショット数は63以内であれば可能だということですね。

 

63を18ホールで割れば3.5ですので厳しいかなと考えた人もいるかもしれませんが大丈夫です。解決法があります。

 

それは・・・パット数を減らすことです。

 

設定は18ホール全て2パットになっていますが半分の9ホールが1パットならショット数は72でも100切りできます

 

72ってスゴクないですか?
各ホール全てのショットを2倍打っても100切りできるんです!

 

 

もちろん実際のコースラウンドでは紆余曲折があります。ダボ、トリもあればパーも、ひょっとしたらバーディだってあるでしょう。でも、この考え方を知っていてコース戦略を立てるのと、行き当たりばったりでラウンドするのでは今後の成長が全く違います。

 

今までのやり方をするのかコース戦略を立て最短で目的を達成するのか選択して下さい。90切りを目指す人もショット数は変わっても考え方は一緒です。

 

では、どうすればパット数を減らせるか・・・
パット記事一覧からマネジメントとパットの練習方法を学んで下さい。

 

グリーンの読み方の章へ

パット記事一覧

パットのマネジメント

〜すでにパットは始まっている〜アプローチショットを打ち、ボールがグリーンをとらえた後に、何を考えながらグリーンへ向かいますか?◆ 上手くいったアプローチショットの余韻に浸ってる。◆ アプローチでミスした原因を嘆いている。◆ それとも何打目でグリーンに乗ったか計算しているのでしょうか。気持ちは分かりま...

≫続きを読む

 

パットの距離感

パッティングで一番大事なことは何!分かりますか?それは距・離・感です。もう一度言います、距離感です。次に、狙った方向に打ち出すこと。これは3〜4パットしないために、とっても大事なことですから頭に叩き込んでください。あなたが3〜4パットした場合とは、どんな状況でしたか?◆ 1打目が10m以上のロングパ...

≫続きを読む

 

パットの練習

前述したとおりパットは距離感が一番、そして方向性です。でもパットする度にボールとパターヘッドの当たる部分が違っていたら正確な距離や方向に打てません。思った距離を打つにはボールの芯がパターヘッドの芯に当てる必要があります。では、まず確認です。あなたの目の高さの位置で、片手にパターヘッド、もう片方の手に...

≫続きを読む

 

パットのミス対策

『パッティングの距離感』でも述べましたがパットで一番大事なのは距離感です。距離感が合えば2パット以下で上がるのは難しくありません。その距離感を出すのを難しくするのが上り、下り傾斜と芝の種類です。これらはスタート前のパット練習とコースのグリーンで感じ取る他ありません。距離感は全てが感覚ではありません。...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ