ロブショットとも言われるアプローチ方法

《ピッチショット》
ボール位置からピンまで、ラフやバンカーがあるけど距離がない場合に使う、アマユチュアゴルファーが憧れるショットです。しかし技術的に難易度が高く90切りゴルフにはおすすめできません。
まずは、ランニングアプローチ、ピッチ&ランが使えないかを考えます。それでも選択せざるを得なければやむ負えません

ピッチショットは、
◆ オープンスタンスにし、クラブフェイスを距離(30ヤード前後まで)に応じて開く。
◆ ボール位置は左足寄りですが、つま先より左だとクラブが届かない場合があります。
◆ スイングはスタンスラインに沿ってアウトサイドインに一気に振り抜く。テイクバックする際には幾分コックを使う。(幾分とは練習で掴む外ない)、
 またフォローでクラブヘッドが閉じないように脇を開けて左肘を抜きます。
◆ スイング中は体重移動はせず、両膝の高さが変わらないようにします。

文章で書くと大変難しいようですが練習して慣れれば、実戦でも使えるようになります。ただ、失敗する確率も高いので出来るだけ避けることです。
次のページ


関連ページ

ピッチエンドラン  コツ
アプローチショットの多くはピッチエンドランでしょう。それほど重要なショットですが、成功するにはセオリーもしくはコツがあります。
ランニングアプローチのコツ
ランニングアプローチは、アプローチの中でもピンに寄る確率が高いです。覚えればスコアアップに大いに貢献しますし、チップインも狙えます。ここではランニングアプローチのセオリー、コツを学びます。
ライに応じたアプローチ
アプローチは1つとして同じ状況は存在しません。傾斜でもつま先上がり、つま先下がり、左足上がり、左足下がりそして、それらの複合した傾斜からアプローチしなければなりません。それらからのアプローチのコツ、セオリーをご紹介します。

ホーム RSS購読 サイトマップ