フェアウェイバンカー

90切りゴルファーがフェアウェイバンカーにつかまった場合に考えることは1つ、
バンカーの土手を絶対に越える番手を選んでフェアウェイに出すこと

この場合に中途半端なクラブ選択をしないようにすることがポイント。
バンカー土手の高さを考えて番手を決めたらアドレス。ここで注意することはダフらないようにすることです。ボールは両足の真ん中もしくは少し右足よりにします。体重は両足とも同じ配分で良いでしょう。

一番困るのがダフることですから右肩が突っ込んでこないように左方主導でスイングします。
(両膝の高さを変えないように意識する)
足場が悪いのですから大振りするのは厳禁です。コンパクトなスイングが求められますし手打ちもNGです、必ず体の回転を伴うスイングにしないとトップやダフリのミスを誘発します。

少しでも距離を稼ごうと、土手を越えるギリギリのクラブ選択をして失敗、土手に当たり再度バンカーへ、な〜んてことにならないように7番でも良いかな?と思っても8番を持つ位の慎重さが求められます。
バンカーにいれたってことはミスしたのですから、ミスの上塗りだけは避けましょうのね。

特にロングホールでは1打目をフェアウェイバンカーに入ると、グリーンに届かないとわかっているのに、1ヤードでも先へ飛ばそうとする人がいます。大事なことは、ダフらずに1ヤードでも前にボールを前に運ぶことです。
90切りゴルファーならこの後、フェアウェイから2回打ってグリーンオン、2パットのボギーだったならば御の字でしょう。
次のページ

関連ページ

ガードバンカー
コース攻略の最後の壁がガードバンカー。この壁を越えるには、コースマネジメントと、ガードバンカー脱出のセオリー、コツを学ぶ必要があります。

ホーム RSS購読 サイトマップ