初心者でもやさしいランニングアプローチ

アプローチショットの中でも一番簡単です。

グリーン周り3ヤード前後にボールがあり、ボールを転がしてピン狙う方法です。
パターと同じスイングでアイアンを使うわけですが、ロフトがねているSW,AW、PWはヘッドがボールの下を抜けてしまう恐れがありますので向いていません。

パターの感覚に近いクラブでグリーンまでの距離をキャリーできるクラブを選ぶことがポイントです。距離にもよりますが比較的に多いのが8〜5番アイアンです。コツとしてはパターと同様、肩と腕の三角形を崩さないようにスィングすることです。

注意点としては、
手打ちはいけません。わずかですがテイクバックで右足に体重をかけフォローにかけて左足に体重が移動します。まぁ、リズムを取る程度だと考えても良いでしょう。
転がる距離が長い場合には、ボールの転がりを上手く読めないと3パットする危険性も高くなりますから、距離感が重要になります。
次のページ

関連ページ

ピッチエンドラン  コツ
アプローチショットの多くはピッチエンドランでしょう。それほど重要なショットですが、成功するにはセオリーもしくはコツがあります。
ピッチショットのコツ
ピッチショットは、アプローチショットの中でも難易度が高いショットです。失敗しないようにピッチショットのコツ、セオリーをしっかり身に付けましょう。
ライに応じたアプローチ
アプローチは1つとして同じ状況は存在しません。傾斜でもつま先上がり、つま先下がり、左足上がり、左足下がりそして、それらの複合した傾斜からアプローチしなければなりません。それらからのアプローチのコツ、セオリーをご紹介します。

ホーム RSS購読 サイトマップ